のぼり通販

両面印刷のクリーニングのぼりの作成コストは?

 一般的なクリーニングのぼりは、片面印刷です。
透ける生地を採用しているので、裏面から見てもクリーニングのぼりに書かれている内容は判別できますが、
想定とは異なる風向きになってしまうと、視認性が極端に悪くなるデメリットがあります。

 

クリーニングのぼり

クリーニングのぼりの視認性を高めるなら、片面印刷より両面印刷で作成です。

生地の両面に宣伝文句や店名などがプリントされていれば、裏から見ても内容は判別できます。

 

風向きに関係なく、クリーニングのぼりの高いPR効果を期待できるでしょう。

また、透けない生地を採用していますから、裏表で別々のデザインにすることも可能です。

 

表と裏で宣伝文句を変えてみたり、まったく違うデザインにしてみるなど、
オリジナルのクリーニングのぼりを作成できるでしょう。

 

しかし、クリーニングのぼりの作成で両面印刷を選ぶと、コストが高くなるのがデメリットです。

 

片面印刷の場合は、生地も安いですし注文数も多いので、大量に仕入れることができます。

 

また、作成時に印刷するのは表目だけなので、単純にコストもかかりません。

 

ですが、クリーニングのぼりの作成で裏表両方に印刷するためには、高価な透けない生地を使わなければいけません。

 

そもそもの発注数も少ないですから、大量仕入れすることもできませんし、印刷コストもかかりません。
裏面に印刷できるクリーニングのぼりを作成しようとすると、コストが倍以上かかってくるので、低コストでの作成は諦める必要があります。

両面印刷

 

 

other page :

ホーム 納期に注意 配色に気をつける 文字のポイント 複数の店を比較 格安で製作 両面印刷 蛍光色のぼり サイトマップ